おすすめ記事

 

小笠原
英語塾LEONの小笠原です!

 

音声付きの本を読む方法は基本的には、ネットであればAmazonなどで該当する絵本を買う、、という選択になってきます。
ただ、LEONがよりおすすめする方法はrazkidsという定額制のアプリを使って読む方法です。
費用の面・学習効果の面どちらを考えても、razkidsに勝るものはおそらくないと考えています。
そこでこの記事では、razkidsを使うことのメリットについてお話していきます。
 
現状、razkidsは塾などの団体を通じてしか利用が出来ないアプリになっています。
そのため、実はご紹介しても誰にもメリットがありません。。
ただ、「1番良い方法はこれだ!」と自信を持って言えるもの、そうすることでLEONの考え方を表明出来るものに関しては、一言書いておきたいと思ったので記事にしました。
2019年6月現在、個人の方が使って頂くことは出来ませんが、もしそれでも宜しければ引き続き読んで頂ければと思います。

razkidsのメリット

絵本が細かくレベル分けされてたくさん登録されている

razkidsには絵本がレベル別に細かくレベル分けされて数多く登録されています。そのため、当たりはずれを気にして絵本を買う必要が無いんですね。
絵本って日本のものでも外国のものでも、結構良いお値段がすることも少なくないです。
教材などであれば、良いもの・イマイチなものっていう括りはあるものの、究極はその人がやり込むかどうかっていう部分が1番大きいです。
ただ、絵本や洋書となると、好き嫌い・合う合わないがけっこうハッキリ分かれます。そして、せっかくトライするなら、自分の好きなもの・会うものを読んだ方が絶対良いです。
ですが、絵本や洋書の場合、実際にそこそこ読んでみて(自分にとって)当たりか外れかが分かるという性質のものです。
なので、お買い物としては少々ギャンブル性の高いものになってしまうんですね。
その点、razkidsであれば、色んな種類やレベルのお話が多数登録されていますので、その中から自分に合うものを選べばよいので、お財布にも優しいんですね。

どこを読んでいるのかが一目で分かる音声

razkidsが最も優れているのは、この点です。
razkidsには音声も付いているんですが、今どこを読んでいるのか単語レベルで表示されるんです。
そのため、音声だけが先走りしてしまってどこを読んでいるのか分からなくなる、、といったことが無いです。
また、文字と音声を常に同時に認識出来るので、一つ一つの単語を正しい音声と共に学ぶことが出来ます。

小笠原
「「this」という見た目の単語はこの音なんだ」と無意識のうちに頭に刻まれていくわけです!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事